スペイン旅行、行きたいよー>< スペインは行きたいところがありすぎる♪

sponsored links

categories

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2009.09.24 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サグラダ・ファミリアの設計者、アントニ・ガウディについて

アントニ・ガウディはサグラダ・ファミリアの設計者で有名です。アントニ・ガウディはバルセロナ南西の商業都市レウスに銅板機具職の子供として生まれました。 アントニ・ガウディは16歳でバルセロナ県立建築専門学校予科に入学します。アルバイトをしながら何とか学校を卒業したアントニ・ガウディは、内装や装飾の仕事を始めます。 アントニ・ガウディの卒業設計を見た、当時教授だったフランシスコ・ビリャールは「悪魔か、天才か」とつぶやいたそうです。 フランシスコ・ビリャールは後のサグラダ・ファミリアの初代主任建築家です。 アントニ・ガウディが仕事を始めた頃、アントニ・ガウディの建築センスの良き理解者であり、生涯の友となる資本家アウゼビ・グエルと出会います。 アウゼビ・グエルはパリ万博に出品された手袋店のショーケースを見て、アントニ・ガウディの才能に気づき、アントニ・ガウディの想像力を引き出すかのように次々と斬新な計画を持ち掛けました。 グエル邸、グエル公園、コロニア・グエル教会など、アントニ・ガウディの建築にはいくつもグエルの名前が冠してあります。 途中で建築が中止されてしまいましたが、コロニア・グエル教会地下聖堂はアントニ・ガウディの最高傑作と言われています。

1883年、アントニ・ガウディはサグラダ・ファミリア聖堂の主任建築家に任命されます。それ以後、アントニ・ガウディはサグラダ・ファミリア建築に力を注ぐようになります。1917年からはサグラダ・ファミリア建築以外の仕事は全て断り、サグラダ・ファミリア建築のためだけに尽力し身なりにも気遣わなくなっていたそうです。 この頃のアントニ・ガウディはサグラダ・ファミリア教会に寝泊りし、あまりにもみすぼらしかったので道行く人からも小銭を投げられることがあったそうです。その小銭も建築資金として大事に扱っていたというので相当の執念を持って、サグラダ・ファミリア建築に取り組んでいたことが伺えます。

アントニ・ガウディの建築は曲線と細部の装飾を多用した独創的なデザインで、多くの建築家や芸術家に影響を与えた。 アントニ・ガウディはサグラダ・ファミリア東側の「生誕のファザード」を手がけますが、西側の「受難のファザード」は、アントニ・ガウディのデザインの対極を行っているように感じられます。 しかし、アントニ・ガウディ自身は、「この聖堂の建築を通じて、世界中から多くの人々が集まり、一つの目標に向かって共同で作業すること」を何よりも重視していたそうです。 そのため、アントニ・ガウディにとっては、細かいデザインは、自分の意の通りになっていなくても何ら問題ないのかもしれませんね。

1926年6月7日夕刻、ガウディはバルセロナ市内で路面電車にはねられます。まるで浮浪者のような格好だったために病院に収容されるのが遅れてしまったそうです。そして10日午後5時、市内サンタ・クルース病院で死去します。遺体はサグラダ・ファミリア聖堂に埋葬されました。 「諸君、明日はもっといいものをつくろう」 というのが、ガウディがサグラダ・ファミリアに残した最後の言葉で、死ぬときに言った言葉は 「我が神よ。我が神よ」 だったと伝えられています。 サグラダ・ファミリアの天井は天に向かって続いています。


アントニ・ガウディ(http://access9.cocolog-nifty.com...dex.htmlより引用)

スペイン旅行へ、いざ行かん!!美と癒しとワクワクの探求のTOPへ
JUGEMテーマ:ヨーロッパ

スポンサーサイト

  • 2009.09.24 Thursday
  • -
  • 22:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2009/09/19 5:34 AM